マルチメディア

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

スイスの政治 ボディーガードを付けないスイスの政治家たち

スイスの現職大統領が、ボディーガードを付けずにプラットフォームで電車を待っているー。そんな画像が2014年、ツイッターで話題になり、多くのユーザーを驚かせた。だが、スイスにとっては別段珍しくない光景だ。(RTS Le Journal/swissinfo.ch) (英語からの翻訳・宇田薫)

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

国際都市 ジュネーブ、手ごろ価格の宿不足 国際機関の関係者にも余波

物価の高いジュネーブ市では長年、妥当な価格の宿泊先が不足し、観光客だけではなくジュネーブの国際機関の関係者も、このあおりを受けている。(RTS、swissinfo.ch)

感染者200万人 2万5千人の死者を出したインフルエンザの大流行

(SRF/Julie Hunt, swissinfo.ch)

シリーズ「職場交換」1の10 日本xスイスでオシゴト交換 思わず涙!素晴らしい体験をありがとう

職場交換を終え、スイス、日本の両チームは別れの時を迎えた。4人はこれまでの滞在を振り返り、職場交換体験がどれだけ心に残るものだったかを語る。そして帰国目前。1週間、一緒に働いてきた職場の仲間はサプライズを用意していて…?

先人の知恵の守り人 ヤプチリのことば

(Luigi Jorio/swissinfo.ch) ​​​​​​​

世界的観光名所 ベネチアより多い?スイス・ルツェルンを訪れる中国人観光客

スイス中央部の観光地・ルツェルンには毎年およそ900万人の観光客が訪れる。住民1人当たりの観光客に換算すると、かのベネチアを上回る。経済効果は高いが、観光バスや通りを埋め尽くす観光客に迷惑を被る住民も少なくない。(SRF/swissinfo.ch

自殺 多発する鉄道自殺防げ スイス連邦鉄道、フェンスや柵で防止策

線路などへの飛び込み自殺を防ぐため、スイス連邦鉄道が自殺者の多い橋や線路に柵を設けている。(RTS / swissinfo.ch)

ダコタC53 氷河から姿現した70年前の米軍用機、機体の一部を回収

約70年前にスイスの氷河に不時着した米軍用機ダコタC53の機体の一部を、スイス空軍が氷の中から掘り出した。