マルチメディア

主な記事

以下のコンテンツは、主な記事の最新記事が掲載しています

関連コンテンツ

以下のコンテンツは、役に立ちそうな情報のトピックや記事を掲載しています

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

チューリヒの春の風物詩 今夏の天気、怪しい雲行きに?チューリヒでセクセロイテン

春の訪れを祝うチューリヒ伝統のお祭り「セクセロイテン」が16日、市内で行われた。わらで作った巨大な雪男「ベーグ」を燃やして夏の天気を占う儀式では、頭部に仕込んだ爆竹が爆発するまでにかかった時間は20分31秒。今年の夏は「期待薄」とのお告げが出た。

環境にやさしい観光 スイスに世界初の太陽光で動くケーブルカー

スイス東部・シュタウベルン山に6日、世界で初めて太陽光で動くケーブルカーがお目見えした。(RTS/swissinfo.ch) ...

本音でトーク③ 「私に死ねって言うの?」HIV陽性のジェニさんの場合

母子感染によるHIV陽性のジェニさん(24)は、深刻な病気を抱えて生きることについて話してくれた。時には人から「友達でいることすら恥ずかしい」と心ない言葉を投げつけられるというジェニさん。だが、HIV陽性の人たちは頻繁に病院で診察を受けるため、結果的に普通の人より長生きする「メリット」もあるという。

本音でトーク② 「車いすだって、お酒も飲めるしセックスも出来る」 身体障害者の場合

事故で両側の下肢がともに動かせない対まひを患い、5年前から車いす生活を送るヒッツィさん(23)。スイスは障害者にフレンドリー?車いす生活で困ることは?性生活は?聞きづらい質問にも本音で答えます。

アルプスの暮らし スイスの牧羊犬 マナーのいい犬に育てるには?

スイスアルプスをハイキング中、時々見かける牧羊犬。可愛いからと言って安易に近づいてはいけない。番犬として育成されたこの犬たちは人が近づくとほえたり、時として非常に攻撃的になったりする。こうしたトラブルを少しでも減らすため、連邦政府がある対策に乗り出した。目指すのは「人にフレンドリーな牧羊犬」だ。

デモクラシー研究室 審議民主主義って何?

政治は二極化すると解決策を見つけるのが難しくなり、行き詰まる傾向にある。そんなとき、どうしたらよいだろう?その答えは、全く異なる意見の人々を集めて解決案を練らせるアプローチ方法にあるようだ。